ヨガで心と身体のケア~レッツエクササイズライフ~

スポーツ

ヨガは服装にも気配りを

ポーズのとりやすい服装は

ヨガ

最近はヨガ人気もすっかり定着し、シェイプアップやリラクシングを目的とした女性だけでなく、男性でも愛好者が増えつつあります。そこで、ヨガを始めて間もない初心者が気になるのが、どんなヨガウェアを着ればいいのかということです。本来、ヨガは体を大きく動かしてポーズをとるものですから、腕や足の動きを妨げない、ゆったりとしたヨガウェアが向いています。しかし、あまりに余裕がありすぎると、今度は上体を折り曲げたときに胸の谷間がのぞいてしまったり、お尻が見えそうになったりしてしまうという問題があります。一方、体にぴったりとしたヨガウェアがスタイリッシュだということで好む人も多いのですが、これだと窮屈で大きな動きがしづらいといったデメリットがあります。こうしたことから、ヨガウェアは体にほどよくフィットするものがよいといえます。ただ最近の流行では、レギンスのようなスリムなシルエットのヨガウェアが人気となっており、この傾向はしばらく続くとみられます。

レッスン時の服装の注意点

ヨガのレッスンでは思いのほか汗をかくので、ヨガウェアにはすぐれた吸湿速乾性が求められます。体にジャストフィットするタイプでは、ほとんどが合成繊維製であるため、吸湿や放湿がしやすい素材でないとサウナ状態のようになってしまいます。それでは逆に健康面でもマイナスなので、この点はぜひこだわりたいところです。女性の場合は、さらに注意すべきポイントがあります。普通のTシャツのようなものを使用している人も多いのですが、その場合、動きにつれて胸の揺れが気になったり、流れた胸が押さえつけられて苦しかったりすることがあるのです。このようなことを防ぐためのヨガウェアとしては、ブラ内蔵型のトップスがおすすめです。ブラとトップスが別々の場合と比べて、ブラのサイドボーンやワイヤーに押しつけられて痛いということもなく、ヨガに集中することができます。また、ボトムスに関しても気をつけたいことがあります。レギンスを着用する場合は、多くの人が黒い色のものを使用しますが、もし薄い色のレギンスをはく場合は、ショーツが透けて見えないように鏡で後ろ姿を忘れずにチェックしましょう。